館山・南房総観光スポット

南房総館山で ドライブ・観光・グルメをお楽しみ下さい。館山・南房総に東京及び近県からたいへん多くの方が、おいでになります。南房総の魅力は、澄んだ空気だけでなく独自のスタイルを持った飲食店があることです。どうぞ房総の自然やグルメ・ドライブ・観光をお楽しみ下さい。

館山お土産ホーム館山ランチグルメブログ/料理

館山/アロハ・ガーデンたてやま

アロハ・ガーデンたてやまアロハ・ガーデンたてやま
アロハ・ガーデンたてやまアロハ・ガーデンたてやま

南房パラダイスの経営が変わり、リニューアルオープンされ アロハ・ガーデンたてやまになりました。南房総にある動植物園です。植物園に入ると、見渡す限り花や植物があり、よく手入れされた花たちが咲き誇っています。。 また動物たちの種類も多く家族でも楽しめるドライブスポットです。写真右下のカワウソは、見た目が愛玩動物のフェレットそっくりで可愛く 泳ぎがとても上手な生き物です。温室を出たところにある池には、アヒルや黒い水鳥などがいて人が来ると近寄ってきます。(たぶん餌目当てですが) 餌の販売機があり、カップルたちが餌をあげて楽しんでいます。また駐車場は、とても広く無料で駐車できます。初冬の南房総は、案外穴場の季節で ゆったり楽しめます。

住所・・・千葉県館山市藤原1495

当店 (レストラン大澤) からアロハ・ガーデンたてやま まで車で約 20分です。

区切り様茶線

館山/城山公園

城山公園城山公園
城山公園城山公園

館山の観光・ドライブで人気の高い公園です。里見氏の居城があったところで 今は、館山を代表する公園です。自然が多く残り、季節の花々や木々を楽しむことができ、桜の時季になると多くの人たちがドライブ・観光で訪れます。城に向かう時道路が急斜面なので、お年寄りの方や足の弱い方は、車がお薦めです。この時期は、駐車場がいっぱいになってしまうことがあるので土曜日・日曜日は、気を付けて下さい。芝生の所では、小さな子どもたちが親御さんと一緒に遊びを 楽しんでいます。 また紅葉の時季になると、もみじが赤く染まり、とてもきれいで、庭園を楽しむ事が出来ます。。この時も多くの人たちが訪れる人気スポットです。なお 公園の入園料は、無料です。

住所・・・千葉県館山市館山351-2

当店 (レストラン大澤) から城山公園まで車で約 16分です。

区切り様茶線

小松寺の紅葉観光

小松寺小松寺
小松寺小松寺

千葉県南房総市にあるお寺です。館山駅からも比較的近いところにあり、地元の方以外にも県外から多くの方たちが紅葉に訪れるようになりました。紅葉の見頃は11月中旬から12月中旬頃です。この頃は大勢の方達がみえます。紅葉の時期以外にも楽しめます。夏等に訪れるとたくさんの木々や小川をみて 自然を楽しむことができます。駐車場が少ないので紅葉の時期は、大型バスなども見え渋滞します。ここは、安房グリーンラインの所にあり,紅葉見物と一緒に安房グリーンラインを楽しむことができます。

住所・・・千葉県南房総市千倉町大貫1057
当店から小松寺まで車で約 22分です。

区切り様茶線

房総観光/酪農のさと

酪農のさと酪農のさと
酪農のさと酪農のさと

日本の酪農がここから始まりました。。手入れされた山にヤギや白牛を見ることができます 。酪農のさとに向かう道路は、ところどころ道が細くなっているので気を付けて下さい。都会とは、違う田舎の趣のある風景が走っているだけで 感じられます。ヤギなどがいる斜面をを歩いていると良い運動になり、なんか清々しい気分になります。5月に近くなると山の一面に大小の鯉のぼりが風に揺られてたなびいています。東京などでは、絶対見られない景色だと思います。都会の子供にとっては すばらしい場所かもしれません。春のシーズンには、イチゴ狩り・観光も家族でお楽しみ下さい。

住所・・・千葉県南房総市大井686
当店から酪農のさと まで車で約 45分です。

区切り様茶線

花スポット観光/白間津花畑

白間津花畑白間津花畑

初春に色とりどりの花が咲く白間津の花畑は、有名な南房総の花スポットです。花の最盛期は新年から春です。近くには、道の駅・潮風王国があり海のにおいと綺麗に手入れされた広大な芝生があります。歩いているだけでも気持ちの良い場所です。、山側の駐車場が満車の時は、海側にも駐車場がいくつかありますのでそちらをご利用下さい。

住所・・・千葉県南房総市千倉町白間津一帯

当店から白間津花畑まで車で約 20分です。

区切り様茶線

大房岬自然公園
大房岬自然公園は南房総国定公園の中にあります。桜(お花見)を楽しんだり散歩を楽しむのに
最適です。 景色が綺麗な場所が多くあり 遊歩道をのんびり楽しんだり芝生がある展望台も
楽しめます。木々がたくさんあるので空気が美味しく感じられるほどです。また磯遊び
バードウォッチング等も楽しめます。なお駐車場は、無料で新緑の時期には、
特におすすめのスポットです。日ごろ仕事に忙しい方には、いやされる公園で、家族で見えた
方達には、キャンプ場にはかまどがありみなで楽しむことができます。景色も良い日には
館山湾、富浦湾、富士山などをを見ることが出来ます。

当店から大房岬自然公園まで車で約 35分です。

区切り様茶線

野島埼灯台

房総最南端房総最南端

ここは、房総最南端の地です。磯でゆっくりしたり周りの林を散歩すると清々しい気持ちになります。散歩に向く絶好の穴場です。

住所・・・千葉県南房総市白浜町白浜630
当店から野島埼灯台まで車で約 16分です。

南房総・びわ狩り/ビワの種類とその特徴

露地栽培のビワ品種

千葉県の特産品「房州びわ」は、明治42年から皇室に献上されています。大粒で、酸味と甘み・みずみずしさのバランスが特徴です。露地栽培の収穫時期は、5月下旬〜6月下旬です。次の2品種が、露地ものの主流です。

びわ

びわ/大房(おおふさ)

果実は大きめで、甘さが強く、酸味は少ないほうです。また果汁は、多く含まれていて 収穫時期は、5月下旬から6月上旬です。
南房総・富浦で多く生産されている品種で、大きいものだと100グラム前後あります。

★★★★★

びわ

びわ/田中

果実は大きめで、外観が美しく 少し酸味があります。収穫時期は、6月中旬から6月下旬です。 糖度が高く果汁を多く含んでいます。おすすめのびわです。

マーク

ハウス栽培のビワ品種

ハウス栽培の収穫時期は、4月上旬〜5月下旬です。南房総で栽培されているハウスものは、
次の品種が主流です。

びわ

びわ/富房(とみふさ)

ハウスで良く育ちます。形がきれいで果実は大きくなり、、酸味が少ない品種です。

★★★★★

びわ

びわ/瑞穂(みずほ)

特に大きなビワの品種です。 栽培が難しく,出荷量がすくないため、街のお店店では ほとんど見かけることがありません。 びわ狩りで食べることができます。主産地は千葉県です。

★★★★★

びわ

びわ/房光(ふさひかり)

瑞穂と田中を交配して作られたビワの品種です。

★★★★★

びわ

びわ/希房(きぼう)

千葉県農業総合研究センターで誕生した 種なしビワです。種がないので可食部分がとても多く、皮をむくだけでみずみずしい味を楽しめます。生産量が少ない品種です。

マーク

ビワの美味しい食べ方

びわは、常温で食べたほうが 風味を感じることができます。冷やしすぎると風味が落ちてしまいます。軸を持って、へその方から皮をむくと、手を汚さないで 皮をむけます。ビワは追熟せず長期間の保存もできないので、購入後は二日ほどで食べるのがおすすめです。 冷やして食べたい時は、
食べる2〜3時間前に冷やすと良いです。

ビワのおすすめ保存方法

ビワは常温保存でも大丈夫です。直射日光を避け、風通しがよく涼しい場所で保存してください。

南房総のびわ狩りと観光施設

枇杷倶楽部 (びわ狩り・いちご狩り)・・・ 千葉県南房総市富浦町青木123-1 / 0470-33-4611

お百姓市場 (びわ狩り・いちご狩り)・・・ 千葉県南房総市富浦町青木103-1 / 0470-33-4432

Copyright (C) 2015 Restaurant OOSAWA,All Rights Reserved